広島新四国八十八ケ所霊場は、大正七年に広島市を中心として安芸地区に開創されました。その後、原爆の投下により巡拝不可能な状態となりましたが、去る昭和四十八年弘法大師御誕生千二百年を記念して復興されました。現在では、広島市・呉市・大竹市・廿日市市・東広島市・安芸郡の五市一郡に、真言宗六十六ケ寺・浄土宗三ケ寺・曹洞宗十一ケ寺・臨済宗七ケ寺・浄土真宗一ヶ寺による八十八ケ所霊場となっております。本四国霊場では悟りへの課程を、 発心(ほっしん)・修行(しゅぎょう)・菩提(ぼだい)・涅槃(ねはん)という四つの道場であらわしています。
 当霊場も巡拝することにより少しでも「み仏」に近づいて頂ければとの願を込めて、一番から二十番までを「発心の道場」、二十一番から四十二番までを「修行の道場」、四十三番から六十一番までを「菩提の道場」、六十二番から八十八番までを「涅槃の道場」としております。また、広島は人類史上初めて原爆が投下された地として、全世界の平和のシンボルとなっている所であり、原爆の犠牲となられた方々の慰霊と世界平和祈願のため、平和公園の原爆供養塔を番外霊場と定めております。
 「温故知新」、これは古きを尋ねて新しきを知るということですが、広島新四国八十八ケ所を巡拝することによって、古き歴史の中に生きてきた日本の故郷を尋ね、そこに生きている日本人の心を求めると共に現代に生かされていることの自覚を新たにして頂ければと願っております。

合掌

巡拝には便利なガイド等もご用意しております。ぜひご利用くださいませ。