第二十四番 嶺松山 歓喜寺
持明院(広島県真言宗教団)

持明院

御本尊 聖観世音菩薩
御真言 おん あろりきゃ そわか
御詠歌 持つ人の 心によりて 鏡さえ 明るくも見え 曇りても見ゆ

  
縁起
 文禄二年、秀栄僧都、毛利候より寺領を賜り現中島町に開山。山号を嶺松山と号し、松之坊と称され親しまれていた。戦前までは大覚寺派に属しご本尊は弥勒菩薩、旧札所は六十五番であった。戦前までの広島は海上交通が盛んで、当山の鎭守「金毘羅大権現」は海上交通安全・水・火難消除として信仰篤く「歓喜天」共々大祭には多くの参詣者でにぎわったと聞きおよぶ。
 昭和二十年の原爆投下により、堂宇・ご本尊ほか一切灰燼と化すも戦後再興。当時の住職の縁により旧市立高等女学校(現舟入高校)先生生徒原爆犠牲者の慰霊碑が建立される。その御霊が御仏の大慈大悲に包まれ「永遠に安らかに」との悲願をこめ、昭和三十年遺族の方々より「聖觀世音菩薩」が奉納され現在のご本尊となる。昭和四十二年、閑静な信仰の場にふさわしい現地「戸坂」に移転する。
 昭和五十二年、生命尊重の観点から水子や先祖の供養により正法を伝えんと水子地藏尊ならびに身代り六地藏尊を建立。現在は「へさかのお地蔵さん」として親しまれている。毎月二十四日のお地蔵さまの縁日には「護摩供養祈願」を厳修。
【巡拝ガイド】
安佐コースの巡路 27岩谷寺→中山峠→ロイヤルホスト裏手→24持明院→18薬師寺
交通便
広電バス (仁保沖町−八丁堀−戸坂行)
広島交通 (上千足・深川線)バスセンター発「広島ゴルフ場」下車徒歩2分
J Rバス(高陽A団地方面行)バスセンター発「広島ゴルフ場」下車徒歩2分
広島バス(高陽B団地方面行)バスセンター発「広島ゴルフ場」下車徒歩2分
住所
〒732-0009 広島市東区戸坂千足1丁目12-27 TEL 082-229-2971 FAX 082-229-1919
近くの札所
18薬師寺、23明光寺、25不動院、26龍蔵院、