第二十七番 高尾山
岩谷寺(高野山真言宗)

岩谷寺

御本尊 聖観世音菩薩
御真言 おん あろりきゃ そわか
御詠歌 なにごとも 岩谷の山の いはば堂に いのる心は しるやみ仏

縁起
 神武帝がこの山に登り東従軍を統べたまえる時、天皇の名、イワレ彦が転化してイワヤ山となった。寺の開創年代は不詳、伊勢の海に出現した観音本尊由来記によれば、近藤三郎左エ門、甲斐の国を浪人し、伊勢の海に出、魚を取ろうとして網を入れると重い石仏が網にかかった。エイ、この石仏のやつ面倒だ、とて海へ投げすて、一里ばかり外海に出て網をおろすと又石仏がかかった。不思議なりとて、安芸国温品村高尾山上に岩谷を建てて祭ったと云う。爾来岩谷観音と呼ばれるようになった。
 徳川末期の神仏分離論のため、府中と温品村との間に、自分の村内ではない、との争いが起ったと云う。其の後社殿が山上に再建されるや、広島周辺の信者列を連らねたと云う。岩谷の観音さまとして遠近を問わず広く知られている。以前は十八丁の急峻なれども、境内地崩かいのため下山し、現在の地に堂宇を再建し、参詣者が楽に参詣出来るようになった。
【巡拝ガイド】
安佐コースの巡路 30鵜上寺→鶴江橋西詰→エネオス石油→27岩谷寺、境内乗用車駐車可(マイクロは不可)→24持明院
交通便
広島バス バスセンター発 福田、寺分行「下温品区役所出張前」下車南方向徒歩5分
タクシー 広島駅より10分(1000円位)
住所
〒732-0033 広島市東区温品4丁目14-15 TEL 082-281-4504
近くの札所
28道隆寺、29江本寺、32正観寺、