第二十五番 新日山 安国寺
不動院(広島県真言宗教団)

不動院

御本尊 聖不動明王
主尊 薬師如来
御真言 なうまくさんまんだ ばざらだんせんだん まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
御詠歌 やすらかに くにもゆたかに いのるてら うごかずたえぬ のりのともしび

縁起
 当山は平安時代に空窓がこの地に蓮華王寺を建立したのが始まりといわれています。室町時代に足利氏が諸国に建立した安国寺の一寺で、安芸国守護大名武田氏の菩提寺としても栄えましたが、大永年間の戦火により伽藍は灰と化しました。その後安国寺恵瓊が住職になり、伽藍は次々に復興され豊臣秀吉公から一万一千五百石を与えられるほどの大寺院となりました。
 江戸時代になり広島城主となった福嶋正則の命により禅宗から真言宗に改められ不動院と称するようになりました。その後浅野氏が広島城主になるに至り、歴代藩主の保護をうけ、浅野氏の祈願寺として栄えました。明治時代以後幾多の変遷を経て今日に至りましたが、原爆投下によって多くの文化財を失った広島にとって、昔の栄華を今も留める極めて貴重な存在となっています。
【巡拝ガイド】
広島市内コースの巡路 17大師堂→バス停不動院→25不動院→64宝勝院
交通便
広電バス (仁保沖−御幸橋・八丁堀−戸坂方面行)、「不動院」下車徒歩2分
広島交通 (上千足・深川方面行)「不動院」下車徒歩2分
J Rバス (高陽A団地方面行)「不動院」下車徒歩2分
広島バス (高陽B団地方面行)「不動院」下車徒歩2分
住所
〒732-0068 広島市東区牛田新町3丁目4-9 TEL 082-221-6923
近くの札所
24持明院、26龍蔵院、

広島市内コース