第四十三番 呉高野山 照明院
照明寺(高野山真言宗)

照明寺

御本尊 十一面観世音菩薩
御真言 おん まか きゃろにきゃ そわか
御詠歌 たかのやま かがやく法の ともしびに 心のやみも 照明の寺

縁起
 当、呉高野山照明寺は、明治三十三年開山観重阿闇梨が、総本山高野山金剛峯寺塔頭寺院中の一つであった照明院を、御本山の意向を体して当地に移転され、宗祖弘法大師の御誓願を、普く瀬戸内一円の鎮護発展の祈願修法の道場として、又、済世利人、教化善導の拠点の霊域として開創され給い、この法燈を第二世観禅僧正が継承し、稀代の輪奐の美が整った。然るに、第二次世界大戦争の大空襲の災厄に遭い、呉全市の運命と共に一物も残すものなく灰燼に帰した。
 その後、宗祖弘法大師高野山開創一千百五十年の聖紀の記念大法会修行の前年、高野山讃岐別院奉職中の光淳師を第三世に迎えた。依て、照明寺奉讃会を結成し、高野山開創一千百五十年記念報恩事業として、過去二十年に渉る宿願の本堂庫裡再建の大悲願を達成成就した。以来十ヶ年、『生と死』二世の救済を、その本願とする当山開創の目的をかんがみ、弘法大師御誕生一千二百年記念奉祝事業として、本堂増築・納骨堂を立派に完成、総本山高野山管長猊下御導師御親修の元に落成慶讃大法会を修行し、次いで高野山照明院呉移転九十五年、戦後五十年の平成六年四月平成の事業として、檀信徒会館を十方有緑各位の「信心」と「協讃」を結集して建立した。
【巡拝ガイド】
呉コースの巡路 44法輪寺→ふじかわストアー→長迫公園→本通7丁目交差点左折→休山トンネル西口交差点直進→43照明寺→61妙光寺
交通便
J R 広島駅より(本通六丁目方面行・普通・快速・急行可)「本通六丁目」下車、徒歩3分
広電バス 広島駅より(本通六丁目方面行・普通・快速・急行可)「本通六丁目」下車、徒歩3分
住所
〒737-0045 呉市本通6丁目7-39 TEL 0823-21-3426
近くの札所
44法輪寺、45萬年寺