第三十一番 松崎山
金剛寺(高野山真言宗)

金剛寺

御本尊 弘法大師
御真言 南無大師遍照金剛
御詠歌 わだつみを 渡りきませる み佛の 衆生済度ふ 慈光貴し

縁起
 本尊作者、年代不明と言えども古く、遠く台湾にて金剛院の開創なり。太平洋戦争突入のため日本に帰朝、所々転々とするも昭和三十年現在の地に安住す。現在の地は、くしくも其の昔、神武天皇、下降の地の多家神社、道隆寺と共に栄えた八幡別宮供僧院(金剛院又は金剛寺)の跡と称されている。誠に不思議な法縁であろうか、現在でも附近より石佛らしき石が堀出されている。主尊に大聖歓喜天を祀り、本尊と供に霊験あらたな、佛さまと広く知られ、別名府中の聖天さんと呼ばれている。境内には水子地蔵尊、その他多くの地蔵尊が安置され、水子供養が修される。本尊、主尊、水子地蔵尊共々霊験厚く、参詣者が絶えない。
【巡拝ガイド】
安佐コースの巡路 33白蓮寺→府中中学校→31金剛寺=1.7km、乗用車境内駐車可(マイクロは不可)→29江本寺
交通便
広電バス 県庁発府中ニュータウン方面行「宮ノ町五丁目」下車徒歩2分
タクシー 広島駅より15分(1500円位)
住所
〒735-0012 安芸郡府中町八幡2丁目3-14 TEL 082-281-4504
近くの札所
28道隆寺、29江本寺、30鵜上寺、32正観寺、33白蓮寺