第七十九番 上不見山 極樂寺
淨土王院(高野山真言宗)

淨土王院

御本尊 阿弥陀如来大仏
御真言 おん あみりた ていせい からうん
御詠歌 駿河なる 富士をば安芸に ひきかえて 上見ぬ鷲の 峯の尊き

縁起
 当院の本尊は、一願和尚(二代前の住職佐和隆恵大僧正)の誓願により、京仏師松本明慶作の阿弥陀如来大仏を安置したものであります。その後輪、後壁には阿弥陀如来の九品仏を中心に三千体の化仏を奉納されています。阿弥陀如来の極楽浄土を顕現して、上は菩提を求め下は衆生を教化することを示し、光明遍照十方世界と念仏衆生摂取不捨を願われています。因に阿弥陀如来大仏は、高さ台座と共に八メートル、ひざ幅五・五メートル、重量は二・五トンで、木造の仏像では日本で第二番目の大きさといわれています。毎年秋の彼岸中日(九月二十三日)には、阿弥陀如来の御宝前に於いて、塔婆供養の法要が執行されます。
【巡拝ガイド】
佐伯コースの巡路 6大心寺→79淨土王院→7極樂寺
交通便
タクシー  JR廿日市駅前より30分
車  西広島バイパス速谷交差点より約20分
J R  「廿日市駅」下車、徒歩110分(平良登山道)
広電  山陽女子大前駅より徒歩90分(佐方登山道)
住所
〒738-0031 廿日市市原2180 TEL 0829-39-0008
近くの札所
7極樂寺