第三十二番 箱島山 慈眼院
正観寺(広島県真言宗教団)

正観寺

御本尊 聖観世音菩薩
御真言 おん あろりきゃ そわか
御詠歌 ありがたや 小畠山の観世音 よるひるいつも かげの如くに

縁起
 箱島山慈眼院正観寺は、元広島市の白島九軒町にありましたが、昭和二十年八月の原爆により焼失し、以来寺院復興が遅れ、やっと昭和三十四年に安芸郡府中町小畠山に移転建立されました。
 当寺縁起によりますと、霊亀元年(七一五)行基菩薩が開基され、本尊の「聖観世音菩薩」は、行基菩薩が此の地で一寸六分の石像を見つけ、こ尊像を胎内仏とし、自らが刻み安置されたと記されてあります。
 又、本堂横に五基の「水かけ地蔵」が安置されてありますが、中央に座します一基が「日照地蔵」と申しまして、浅野藩の祈願所として栄えていた頃、当藩の奥女中がひどい婦人病を患い、医者にも見放され途方にくれ、当寺に一基の「お地蔵さま」を寄進され、頂に水を灌ぎ一心に全快を祈願したところ、摩訶不思議、不治の病は治ったと伝えられ、それ以来婦人病に霊験があると、今では五基の「お地蔵さま」が安置されています。
 尚、原爆投下の折に衆生済度の為、右手を失われた「お地蔵さま」に、医学の進歩した今日でも、水を灌ぐ婦人の姿が絶えません。
【巡拝ガイド】
安佐コースの巡路 広島駅北口→ソレイユ→府中大橋(右折)→ガード下→32正観寺→33白蓮寺
交通便
広電バス、J Rバス、広島バス、芸陽バス
バスセンター発−永田・山田・瀬戸ハイム方面行、何れも「府中大橋」下車徒歩5分
広電バス
バスセンター発−広島駅経由海田方面行、「新大州橋」下車徒歩3分
タクシー
広島駅より(8分)(750円)、向洋駅より(5分)(510円)
住所
〒735-0029 安芸郡府中町茂陰2丁目2-8-4 TEL 082-282-5662
近くの札所
34豊稔寺、35大師寺、

安佐コース